住宅瑕疵担保責任保険

特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)が平成21年10月に全面施行され、新築住宅を供給する建築業者または宅地建物取引業者には資力確保措置として、保証金の供託または保険への加入が義務付けられます。
保証金の供託とした場合、保証期間(10年間)2000万円×戸数を現金や有価証券等を法務局などの供託所に預け置く事となります。
保険への加入の場合は、国土交通大臣の指定する保険法人との間で保険契約を締結し、瑕疵が判明した場合、その修補費等が保険金によりてん補される制度です。加入にあたり、このような書類(確認済書(写)・地盤調査報告書・設計図書一式など)が必要です。
[PR]

by daito-3 | 2009-08-07 16:23 | 刈谷のガレージがある家

<< 地盤調査    宜しくお願いします。 >>